紫外線の量と陽焼けの関係性について2016年10月31日2016年10月31日takuchan

紫外線に含むA波は、窓ガラスを通る性質を持ってる為、家にいるときでも日焼けしちゃう場合があるんです。紫外線には、A波とB波があるのです。B波は曇りの日等天気で遮断されるのですが、それでも外に降り注ぐ紫外線の1つであります。

一年の内に、紫外線の量が一番多くなっているのは5~9月だと言われます。5月の太陽光線はまだまだ夏のような強さがないため、まだ紫外線の対処は必要ないと思う方もたくさんなようです。ちょっとずつ服装が増えていき、袖丈や、ズボンの丈がショートになってきますので、それこそ紫外線の対策が重要となるのです。

汗をかきやすいことも、真夏の紫外線の対策で意識したい所ですよね。UVカットは汗で流れてしまう事があり、よく塗って、日焼け止めの効能を維持すると良いでしょう。

紫外線を遮断してくれる効果がどの位あるか、日焼け止めにより異なっています為、SPF値等を参考に、自分に丁度いいものを購入すると良いでしょう。SPF値の高い日焼け止めクリームを一回多量につけるよりも、数が少ない日焼け止めクリームを頻回に付けたほうが日焼け止め作用が出てくれると言います。

日焼け止めのクリームをつける時は、肩や、鼻、おでこのような、紫外線をうけてるところは、数回付け直して下さい。

10:00~、午後2:00までは、紫外線が特に多いというのを踏まえ動くようにすると良いです。紫外線の多くなる時期じゃなく、一年を通じて、紫外線予防を気に掛ける事が肌のためなんです。